はじめまして

Aloha!はじめまして mono です。

日本語を流暢に話す牧師ファミリーを筆頭に、
日本人/日本語フレンドリー教会ということで、日本語でブログを書く担当に選ばれました。と、いうのか(聖霊に導かれて)やります!と言いましたと言っておきましょう!

過去に自分のプライベート(家族・友達閲覧限定)で、現在は仕事でブログを書いていたりするのでブログは初めてではないのですが、仕事ではなく、でもプライベートを遥かに超えたブログを書くのは初めてですので、どのように始めようか、何を書こうか頭がグルグルフル回転しますが、(聖霊に導かれて)ありのままの自分で書いていこうと思います。

さて、先頭にも書いたようにHope Chapel Honolulu は日本語フレンドリー教会です。

日曜のworshipサービス(日曜礼拝)には同時通訳も提供しています。ヘッドホンで聴くあれです。
牧師ファミリーは20年近く日本の関東にある同じ姉妹教会である、Hope Chapelの教会で牧会(牧師を)されていました。ですので、みんな日本語が話せます。また、牧師の奥さんのお母さんは日本から来た日本人で、牧師のお母さんも日系人です。更に親近感が湧きますね。こういう事で、英語が少し苦手だけど、ハワイらしい英語の教会に行きたいと思われて来られたら、ホッとするのがHope Chapel Honolulu の特徴の1つです!
たまに私たち日本人でも知らない様な漢字のお勉強や、worship music (賛美/礼拝で歌うゴスペル音楽)も日本語で歌うことがあります。

ホームページを見てお気づきになった方がおられるかもしれませんが、普通だったら教会のホームページなんだから主任牧師夫婦の写真や名前が載っているのに載っていないので怪しいと思った方がいるかもしれません。。。 はい、怪しいです!と言ったほうが面白いですが・・・実は理由があります。主任牧師のPastor Cはここホープチャペルホノルル教会にて昨年11月に世代交代としてバトンタッチされ主任牧師として任務に付く前までは、国際宣教師としてキリスト教の迫害を国が強制するようなとても危険な国々の人々への宣教チームの1人として活動していました。
ですので、日曜礼拝において、教会では仮面マスクをかぶっている・・・・わけではありません。本人たちの優しい笑顔がお出迎えしてくれますのでご安心ください!

私とPastor Cと同じく日本人と白人のハーフの主人も何故かこの牧師(ファミリー)には深い関係がありそうです・・・
私は日本に住んでいるときから同じく姉妹教会であり、大阪にあるHope Chapel が私の教会でした。その中で2-3回Pastor Cにお会いしたことがあるのです。
その時にまさか10年後にその人が私の牧師になるとはもちろん思いもしませんでしたが、今でも何か変に記憶があるのです。
(Pastor Cは私が男前だらでしょう!なんてジョークを言うと思いますが、、、サラッと流しましょう!笑)

また、ハワイに来てから教会を探している時に、当時住んでいるとこから近かったPastor Cがしているハウスチャーチ(家の教会)に行くことも候補でした。
そして更に近くのジッピーズというローカルのレストランで夫婦で食事しているところに出会わせたこともありました。そんなの偶然と思いますが、なぜかその時の記憶も鮮明にありますが、何か感じたことを覚えています。

それ以外にも、私をクリスチャンとして育ててくれた、その私の大阪の教会の牧師とPastor
Cはとても仲が良く、Pastor Cがその教会にメッセージをしに行くことも年に何度かあります。
(因縁が因縁を呼んで、去年私が日本に里帰りした際に教会の礼拝に訪れたときにPastor
Cがゲストスピーカーとしてメッセージをして居た時に当たってしまいました・・・残念!!…笑)
ずっと同じHope Chapelなのに大阪の教会とハワイのHope Chapel Honoluluと結びつきが全くなく、何かの形で結びつきができてほしいと願っていたらこのような形で結びついたのも何かの因縁だと思っています。近々大阪の教会の牧師がゲストスピーカーとしてHope Chapel Honoluluでお話してくれる日がそう遠くない気がします!

話はずれて、"因縁"と私は大阪人ですのでジョークが好きですから物事を面白く強調するために使っていますが、調べてみると仏教用語のようですね。。。

ちなみに主人とPastor C (ファミリー)との深い?関係は、主人の父が牧師で、昔同じ教会で働いていたこともあり、彼のことを小さい頃から知っているようです。
他にもありますが、彼が絶対的信頼・尊敬をおける数少ない人の一人で、本当に助けてもらっています。

私のブログなのに教会の紹介、むしろ牧師自慢じゃないか!!って思うかもしれませんが、教会、牧師自慢です。(笑)

とても魅力的な牧師夫婦、そして二人の血をしっかりと受けついだ次世代リーダーの牧師のご息女、彼らの結束は絆は強いです。本当に家族の基盤がしっかりしていると思います。

(なんかすごく良いことばっかり言って、持ち上げて、何か企んでいるのか!?と言われそうですね。。。笑。。。PC, ご馳走様です!!。。。もう一度言いますが、私はお笑い(ジョーク)大好き大阪人です!(笑))

色々脱線していますが、私はそこが一番大事だと思うから初のブログで書くこととなりました。

聖書において様々なところでも書いてあります。(参照:マタイの福音書7章24-27節、ルカによる福音書6章46-49)
しっかりした基盤、土台がないと家は立ちません。

しっかりとした強い絆の上でこそ素晴らしいしっかりとした教会が育つと思います。

家族という土台が丈夫でないと教会も、仕事も、全てうまくいきません。

夫婦という土台が丈夫でないと家族は成り立ちません。

Hope Chapel Honolulu はこのPastor C家族で成り立っていると言いたいわけではありません。牧師や教会リーダーを崇拝しているわけでもありません。

Pastor Cは世代交代して初めの方の礼拝でよく言ってました。もし私を信頼するなら、ごめんね!too bad!私も人間なので過ちをおかしますと。でも私の為に神様を信頼してくだいと。ですので、有難くそのように思っています。

話がまた脱線しましたが、

この小単位の"家族"が土台としてしっかり立っているから、その上にその横にと積み上げられくっついていけるからです。

だから教会が健康的に存在しています。

教会より、家族が、リレーションシップが先です。

その、牧師が教えてくれた言葉の1つです。

初めから、ちょっと長くなってしまったな・・・

来週はもっと手短に。。。??

Have a blessed week!!

Mahalo,