私の心の行方(Where my heart goes )

ALOHA! (English summary is below)

 

日本滞在中、その後ブログの更新がすっかりできないままハワイに戻ってきてしまいました。

風邪を引いたのですが、良くなってきたと思ったらまた熱が出てて結局2週間風邪ひきでした。
その間、西日本において、歴史的豪雨に見舞われ、沢山の犠牲者が出ました。
私の実家は大阪ですので、雨が沢山ふり、電車が止まり、短期で子供が通っていた幼稚園も臨時休園となりました。しかし、それくらいで大きな被害はありませんでしたが、主人が日本に来てから行くはずだった思い出の街、愛媛県の大洲市は豪雨により街の一部が水没し死者・行方不明者を出しました。

そこで主人は日本に到着して、1日でしたが、その大洲市にボランティアに行きました。
輪をかけて今年は7月から記録的な猛暑や台風が来たりとで被災地の状況はより厳しい現状が今でも続いています。熱中症で倒れる方が被災者のみならず、ボランティアの方々まで後を絶たないようです。
そんな中でも、少しでも役に立ちたいと被災地の大洲市に行ってきた主人を誇りに思います。
私と娘は愛媛県松山市内の主人の祖母の家で、テレビに映る大洲市の様子を見て、ずっと流れている災害情報テロップを読み祈る事しかできません。
娘が例え1日預けられる年齢だったとしたら、私は行ったのだろうか、、、いや、無理かもしれないと改めて自分の不甲斐なさを考えた日でもありました。
日本はつい最近大阪北部でも大きな地震があったところでした。
災害の多い国であることを改めて認識しましたが、日本人同士助け合えるとても素晴らしい国であることに誇りを持ちます。
自分の国のために、その人々の為に、必要な時に使われたい、いつでもavailable で居たいと思うようになりました。
それは災害とか大きな事があった時だけではなく、いつでも、誰か必要な人のために自分がavailable でいることです。

ある出来事がありました。

たまたま乗ったタクシーの運転手さんと何気ない会話していると、運転手さんから夫婦関係の悩みを打ち明けられました。たった15分程の走行時間です。

その4日後、8年ぶりくらいに久しぶりに会った古くからの友人から、夫婦関係の悩みを打ち明けられました。

タクシーの運転手さんとそんな普段から話すことはないのに、ましてや夫婦の個人的な話をされたのも始めてで、見ず知らずの私によくそんな話をするな、、、とその時は思い、そうなんですか、、、て聞いていただけでしたが、後ですぐになんで励ましてあげなかったのだと後悔しました。

2つ目の友達については、8年ぶりですが、話した時間は1時間程しかなかったのと、彼女と彼女のご主人は20年以上の仲で、ご主人は温厚な性格と印象があったし、以前からあまり衝突する中ではなかったはずだし、友人の気丈も激しいタイプではないから、凄くビックリしました。

 

そしてその2週間後には、他の友人からご主人の浮気が分かったことを相談されました。

年頃、こんな夫婦間の話を聞くのは当たり前なんですが、
このインシデントについては何か偶然に起こったように思えず、心に引っかかっています。

私たちの教会の主任牧師、Pastor Cは夫婦関係がすべての基盤であり、最も大事な事だとよくメッセージでも話されます。私も勉強中であり、毎日が試練であり、毎日失敗を繰り返し、、、一生の課題じゃないかと思います。

でも、ありがたい事に教会はもちろん、義理の両親であったり、クリスチャンの友人であったり沢山の支援や助けが溢れています。
アメリカでは保険でマリッジカウンセリングはほぼカバーされて受けれます。マリッジカウンセラーも沢山います。
マリッジカウンセリングはキリスト教関係なく、風邪を引いたら病院に行くような感じで、アメリカではカウンセリングの認知度は高いです。

だから今までやってこれたようなものでしょう。

しかし、日本はどうでしょう、、、
そんなサービスもなければ、専門的に相談できる場所も少ないですし、みんな為すべくなく、当たり前のように夫婦関係を終える人が増えています。
日本の教会においても、ただでさえクリスチャン人口が少ないので、頼れる夫婦が少ないのが現状だと思います。

自分が誰かの為にAvailableであるためにはもっと自分自身が変えられ、いつでも助けとなれるように知恵と、知識と、判断力、勇気という武器を身につけていられるようになる必要があるという課題ができました。

 

 

 

I came back to Hawaii from Japan without updating any blog a month.

There was a heavy rain in West Japan early July and some area flooded because of that. Over 220 people died and still over 10 people are missing. My family lives in west Japan so I knew how hard it but fortunately our area didn’t have any damage except small flooding, confusion of transportation and all the school got cancelled which so unusual .
That’s already enough disaster but it’s been an abnormal weather they have such a high heat wave, several typhoons hitting to Japan. Two typhoons are passing to Japan within a week.

Anyway, my husband went to help one of a flooded area where we were supposed to visit for fun this summer. While he was helping to clean up the town, my daughter and I was with his grandma who lives just 1 hour away from the area by train watching on the news is reporting how the town looks like and what they are suffering about or what they need , what they are facing to etc..  We just pray for him that he will be protected by heat wave, any disease etc. But at the same time I was thinking this…  “I wish I could go with him if someone could watch my 4 years old such an aggressive daughter…” “… wait a minutes.  Really ? Really ? Did I really go if I could?” “I may have tried to resist or find a reason not to go… I must be such a useless person…”

There was also a big earthquake happened within a month before the flood disaster.
Japan is such a disaster prone country. But it’s also a beautiful county which people can help each other humbly among Japanese. They don’t complain and be patient. I’m so proud of us Japanese has such a great soul, caring heart.

Something came down to me to think; I want to be always available to help for those and those who need help.

Made me think that way has reason, I have three accidents. Something similar happening. Three different people talked to me about their marriage problems. But I wasn’t ready. Maybe it wasn’t mean to help them but for some reason It stuck on my heart and gave me an impression,,, why to me? What is this?

There are lots of opportunities or place to go for marriage couple who has problem compares to Japan. Now a day Japanese also think that divorce is a choice and not a bad thing.

Our church, especially our pastor talks a lot about marriage is the most important base of our life. Without a good marriage, we cannot do better.

I realized that I need to grow up spiritually strong and get more equipment which includes wisdom, knowledge, sights etc   to help people to those who need help.

Your Faith Moves Mountains

Your Faith Moves Mountains

English summary is below.

Aloha!

日本に帰国しており、更新が遅くなりました。

去年帰国した時には問題なくパソコンが家のwifiをキャッチし使用できていたのになぜかそれが出来ずインターネットが使用できません。携帯は使えるのですが、、パソコンがインターネットに接続できないから仕事をすることも出来ないし、とても困っていましたが、iPhoneをHotspotとっして設定することによってインターネットに接続することができました!!しかし、大変遅いです!!

インターネットがないと本当に不自由な時代になりました。でもインターネットさえあえばリモートで仕事ができるのですから、やはり便利ですかね・・・複雑です。

さて、今回の帰国は、病気の祖父の為に日本に帰ってきました。

90歳を過ぎていますが、良く食べとても元気でしたのに、急に痴呆症が現れおかしな行動を取るようになりそれを目の当たりにした祖母がショックと苛立ちを抑えられなくなった為、双方の為にと一時的に入院する事になったのですが入院してすぐに誤嚥性肺炎を発症し一時は死を覚悟するよう言われるほどの状態になりました。しかし何とか持ちこたえ鼻からの流動食ですが、栄養を取れるほどまでは回復しています。しかし痴呆症の症状はどんどん進んでいるようです。

日本帰国後からほぼ毎日祖父に会いに行っています。初日に見舞いに行った日は、私が誰かと聞くと祖父はわたしの名前言ってくれとても嬉しかったですが、それからは私の名前を言えないでいます。誰かわかっているけど、名前を言えないと言います。

痩せ細り以前の厳しい風格はなく弱々しい姿を見ると、毎回涙が出ます。

祖父は毎回もうアカン!と言ったりもう勝てない負けやといいます。何かと戦っているようです。

祖父の弱った姿を見るのはつらいですが、こうやって帰ってこれて祖父との時間を過ごすことができることはとても感謝だと思います。

そして、その祖父の事で心が揺さぶられている祖母とそれを支えている母に対し、私が何かの役に立つように毎日祈っています。

さて、先日、私の日本の母教会の日曜礼拝に行ってきました。

私の家から軽く1時間半はかかりますが、電車を乗り継いで行ってきました。娘が急に行かないと言い出しましたので、一人で身軽に行けたのでとても有意義な1日でした!(ごめんね、娘と娘を相手してくれたお母さん!)

懐かしく愛おしい顔ぶれに、いつものようにとても歓迎してもらい、1年ぶりとは思えない程スッと打ち解けます。小中高などの親しい友人に比べると年数も短いのに、この深い絆はイエス様がその間に居るということの大きな証だと思います。神の家族です。

その日はゲストスピーカーによるメッセージで"信仰がすべてを変える"というお話でした。

'神を信じなさい。はっきり言っておく。だれでもこの山に向かい、「立ち上がって、海に飛び込め」と言い、少しも疑わなず、自分の言う通りになると信じるならば、そおとおりになる。だから、言っておく。祈り求めるものはすべて既に得られたと信じなさい。そうすればそのとおりになる。(マルコによる福音書11章23節―24節)

私たちは信仰というとても素晴らしいギフトを持っており、信じることによって山を動かせる力があるとイエス様がマルコによる福音書を通してハッキリ言っておられるのです。そのゲストスピーカーも言っておられましたが、山を動かせるなんて、富士山を動かすイメージを持って、そんなんできるかい!って突っ込んでしまうと思いますが、、、山と言うのは問題ということです。

そのメッセージを聞いて、ほんまやなーいっつも祈ることができるのにそんな一番簡単なことをせんと、自分で悩んでばっかりやわ。。。と反省しました。

家族の話に戻りますが、

私は家族が大好きです。本当に良くしてくれ、大きな安心感を与えてくれる母を持ち、私がやりたいことを理解してくれて、規則正しくブレない父を持ち、本当に可愛がって経済的援助をしてきてくれた祖父母がおり、良く喧嘩するけど尾を引かず一緒に買い物に行ったりと仲が良く、何かあると一番に電話をして話をする妹がいて、自分の娘のように心配し、気にかけてくれる叔母がいて、妹・弟、時には友達のようないとこがいて・・・とても良い家族を持って幸せです。

何一つ不自由なく両親や祖父母の言うことを素直に聞いて受け入れてきて、一切逆らったことがない私は、イエスキリストこそが信じるべき方だと思い、洗礼を受けました。

今まで自分というものがなく、人の意見に左右されてきた私が自分で考え、決めたことです。

最近母に、私が洗礼を受けたと知った時は何一つ不自由なく育っててきたのに、私に裏切られたと思ったと聞きました。

母にとって、私がクリスチャンになったことが家族の調和を乱したと思っているようです。

私の家族は典型的な日本の家庭で家に神棚もあれば仏壇もあります。

特に一緒に住んでいる母型の祖父母は先祖代々真言宗と言ってとても仏教の中では固い宗派だそうです。

裏切られたと思った母や家族には悪かったなと思います。

あの時、洗礼を受ける前に相談していたら良かったのかなと思ったりしますが、これも全て神様のご計画だったと過ぎてしまったことは考えないようにします。

今、祖父が入院して、その生涯を終える日がそう遠くない中、家族の中で特に祖母の心の中が嵐のように荒れています。

毎日のように祖父の死後のことを考えて心が揺さぶられているようです。怒りや悲しみや不安でいっぱいのようです。毎日、大変だといいます。それを受け周りの家族が反応して同じく怒ったり傷ついたりの繰り返しです。

クリスチャンでないので、先に述べたマルコによる福音書のように、問題があると祈るなんて考えはもちろんありません。イエス様の許しの愛も知りません。神にゆだねることが一番楽な方法で一番確かだということを知りません。

こんな中で、この聖書箇所を確信し、握りしめて、祈っていくことがこの家族の中で私が初めのクリスチャンとして選ばれたものの使命であると感じています。

Aloha ,

I’m in Japan right now due to my grandfather’s health condition.

He was phenomena and my family was told by doctor to be ready but he is keeping up now. Although he is mostly sleeping and his meal is coming from tube into his nose and his dimension is getting worse so it’s hard to talk with him.

I am an only one who knows Jesus Chris is a savior, helper, a friend, and son of God. We can pray to God when we have a problems and he’ll listen and help us. ( Mark 11:23-24) but my family are not. They are the typical Japanese those who believe Shinto and you will become a Buddha after you die. So they pay a lot of money to Buddhist temple where you belong to get a name for your eternal life as Buddha after you die.

Anyway, my grandmother has been in pain emotionally, many concerns to think about but she thinks extremely too much, beyond the point.

She gets angry, sad, disappointed and being anxiety. That’s been also effecting around the family. If they know that they can pray to God and lift up all the matters to God it’ll be so much easier and give them peace but unfortunately they don’t know.

I have nominated by God to be a Christian in this family to break the chain.  That’s my job to do for my family. Pray, Believe God for this family like Jesus said in Mark 11:23-24, believe I can move the mountain. It’ll be done if I believe. I’ll believe I can move my family, I can shake my family then I can lead my family to Jesus Christ.