Your Faith Moves Mountains

Your Faith Moves Mountains

English summary is below.

Aloha!

日本に帰国しており、更新が遅くなりました。

去年帰国した時には問題なくパソコンが家のwifiをキャッチし使用できていたのになぜかそれが出来ずインターネットが使用できません。携帯は使えるのですが、、パソコンがインターネットに接続できないから仕事をすることも出来ないし、とても困っていましたが、iPhoneをHotspotとっして設定することによってインターネットに接続することができました!!しかし、大変遅いです!!

インターネットがないと本当に不自由な時代になりました。でもインターネットさえあえばリモートで仕事ができるのですから、やはり便利ですかね・・・複雑です。

さて、今回の帰国は、病気の祖父の為に日本に帰ってきました。

90歳を過ぎていますが、良く食べとても元気でしたのに、急に痴呆症が現れおかしな行動を取るようになりそれを目の当たりにした祖母がショックと苛立ちを抑えられなくなった為、双方の為にと一時的に入院する事になったのですが入院してすぐに誤嚥性肺炎を発症し一時は死を覚悟するよう言われるほどの状態になりました。しかし何とか持ちこたえ鼻からの流動食ですが、栄養を取れるほどまでは回復しています。しかし痴呆症の症状はどんどん進んでいるようです。

日本帰国後からほぼ毎日祖父に会いに行っています。初日に見舞いに行った日は、私が誰かと聞くと祖父はわたしの名前言ってくれとても嬉しかったですが、それからは私の名前を言えないでいます。誰かわかっているけど、名前を言えないと言います。

痩せ細り以前の厳しい風格はなく弱々しい姿を見ると、毎回涙が出ます。

祖父は毎回もうアカン!と言ったりもう勝てない負けやといいます。何かと戦っているようです。

祖父の弱った姿を見るのはつらいですが、こうやって帰ってこれて祖父との時間を過ごすことができることはとても感謝だと思います。

そして、その祖父の事で心が揺さぶられている祖母とそれを支えている母に対し、私が何かの役に立つように毎日祈っています。

さて、先日、私の日本の母教会の日曜礼拝に行ってきました。

私の家から軽く1時間半はかかりますが、電車を乗り継いで行ってきました。娘が急に行かないと言い出しましたので、一人で身軽に行けたのでとても有意義な1日でした!(ごめんね、娘と娘を相手してくれたお母さん!)

懐かしく愛おしい顔ぶれに、いつものようにとても歓迎してもらい、1年ぶりとは思えない程スッと打ち解けます。小中高などの親しい友人に比べると年数も短いのに、この深い絆はイエス様がその間に居るということの大きな証だと思います。神の家族です。

その日はゲストスピーカーによるメッセージで"信仰がすべてを変える"というお話でした。

'神を信じなさい。はっきり言っておく。だれでもこの山に向かい、「立ち上がって、海に飛び込め」と言い、少しも疑わなず、自分の言う通りになると信じるならば、そおとおりになる。だから、言っておく。祈り求めるものはすべて既に得られたと信じなさい。そうすればそのとおりになる。(マルコによる福音書11章23節―24節)

私たちは信仰というとても素晴らしいギフトを持っており、信じることによって山を動かせる力があるとイエス様がマルコによる福音書を通してハッキリ言っておられるのです。そのゲストスピーカーも言っておられましたが、山を動かせるなんて、富士山を動かすイメージを持って、そんなんできるかい!って突っ込んでしまうと思いますが、、、山と言うのは問題ということです。

そのメッセージを聞いて、ほんまやなーいっつも祈ることができるのにそんな一番簡単なことをせんと、自分で悩んでばっかりやわ。。。と反省しました。

家族の話に戻りますが、

私は家族が大好きです。本当に良くしてくれ、大きな安心感を与えてくれる母を持ち、私がやりたいことを理解してくれて、規則正しくブレない父を持ち、本当に可愛がって経済的援助をしてきてくれた祖父母がおり、良く喧嘩するけど尾を引かず一緒に買い物に行ったりと仲が良く、何かあると一番に電話をして話をする妹がいて、自分の娘のように心配し、気にかけてくれる叔母がいて、妹・弟、時には友達のようないとこがいて・・・とても良い家族を持って幸せです。

何一つ不自由なく両親や祖父母の言うことを素直に聞いて受け入れてきて、一切逆らったことがない私は、イエスキリストこそが信じるべき方だと思い、洗礼を受けました。

今まで自分というものがなく、人の意見に左右されてきた私が自分で考え、決めたことです。

最近母に、私が洗礼を受けたと知った時は何一つ不自由なく育っててきたのに、私に裏切られたと思ったと聞きました。

母にとって、私がクリスチャンになったことが家族の調和を乱したと思っているようです。

私の家族は典型的な日本の家庭で家に神棚もあれば仏壇もあります。

特に一緒に住んでいる母型の祖父母は先祖代々真言宗と言ってとても仏教の中では固い宗派だそうです。

裏切られたと思った母や家族には悪かったなと思います。

あの時、洗礼を受ける前に相談していたら良かったのかなと思ったりしますが、これも全て神様のご計画だったと過ぎてしまったことは考えないようにします。

今、祖父が入院して、その生涯を終える日がそう遠くない中、家族の中で特に祖母の心の中が嵐のように荒れています。

毎日のように祖父の死後のことを考えて心が揺さぶられているようです。怒りや悲しみや不安でいっぱいのようです。毎日、大変だといいます。それを受け周りの家族が反応して同じく怒ったり傷ついたりの繰り返しです。

クリスチャンでないので、先に述べたマルコによる福音書のように、問題があると祈るなんて考えはもちろんありません。イエス様の許しの愛も知りません。神にゆだねることが一番楽な方法で一番確かだということを知りません。

こんな中で、この聖書箇所を確信し、握りしめて、祈っていくことがこの家族の中で私が初めのクリスチャンとして選ばれたものの使命であると感じています。

Aloha ,

I’m in Japan right now due to my grandfather’s health condition.

He was phenomena and my family was told by doctor to be ready but he is keeping up now. Although he is mostly sleeping and his meal is coming from tube into his nose and his dimension is getting worse so it’s hard to talk with him.

I am an only one who knows Jesus Chris is a savior, helper, a friend, and son of God. We can pray to God when we have a problems and he’ll listen and help us. ( Mark 11:23-24) but my family are not. They are the typical Japanese those who believe Shinto and you will become a Buddha after you die. So they pay a lot of money to Buddhist temple where you belong to get a name for your eternal life as Buddha after you die.

Anyway, my grandmother has been in pain emotionally, many concerns to think about but she thinks extremely too much, beyond the point.

She gets angry, sad, disappointed and being anxiety. That’s been also effecting around the family. If they know that they can pray to God and lift up all the matters to God it’ll be so much easier and give them peace but unfortunately they don’t know.

I have nominated by God to be a Christian in this family to break the chain.  That’s my job to do for my family. Pray, Believe God for this family like Jesus said in Mark 11:23-24, believe I can move the mountain. It’ll be done if I believe. I’ll believe I can move my family, I can shake my family then I can lead my family to Jesus Christ.

We Are All in the Same Waiting Room

We Are All in the Same Waiting Room

By Dar and The Rev. Tara Woodard-Lehmann

Trigger alert: Depression, suicide

Read Time: This is a longer post than usual but I hope you will find encouragement — and hope.

In the past couple of weeks, two celebrities died of apparent suicides within a day or two of each other – American fashion designer Kate Spade, and celebrity chef/author/TV producer and personality Anthony Bourdain. This sparked many articles and blogs about mental health and suicide — which is quite a complex issue as many factors (and combination of factors) can impact a person’s mental health (i.e., brain nerve cell communication, genes, hormones, temperament, stressful life events, chronic pain or stress, early losses in childhood, trauma, Seasonal Affective Disorder, medical problems, medication side effects, brain injury, etc.)

A beloved friend of mine (who is godmother to my kids) also courageously shared on Facebook about her personal experience with depression and a time when she needed to reach out for help. She shared this story in hopes that it will help and encourage others — to take care of yourself and your own mental health, to be kind and compassionate (to yourself and others), to realize and believe that you are worthy of seeking help. With her permission, I share it here with you:

"Parts of this memory are incredibly vivid, while other parts are blurred by time and years of hiding. But this is how I remember it.

A constellation of factors led me there. It was a waiting room. The air smelled of body odor, cheap perfume, and disinfectant. The carpet, I think it was blue, was worn thin. The decor was sparse. I don’t remember much color. We sat in standard waiting room chairs — uniform and dated, but not uncomfortable.

There were others. A jittery young woman, picking at her nail beds. A disheveled, hairy older man, slumped over his chair. A wiry young man, in handcuffs.

Each accompanied by another person — some sort of companion.

My companion was my husband.

When we walked up to the reception desk we were handed disposable, sticky name tags. I believe one was blue, the other red. I don’t remember actually writing our names on the tags. Maybe we did.

It became clear the purpose of the tags was to distinguish the "companions" from the "patients."

My sticker was the same color as all the other patients. The tags seemed like a strange demarcation, but I was more desperate than embarrassed, so I wore my color-coded patient badge and waited for my name to be called.

I remember what I was wearing: a sleeveless Ann Taylor dress, cream base with yellow and brown flowers. I lost 30 pounds in the past month, and recently took the dress in for alterations to fit my new, thin frame. Many complimented me on how "healthy" I looked. If only they knew. Stress was eating me from the inside out.

My hair was in a pristine bob. My makeup was impeccable. I wore closed-toed dark brown pumps.

I just started a respectable job at a respectable institution. I was in one of those designated "helping" professions. I had a lot of credentials. I was an ordained minister. A full-time chaplain. I even weaseled my way into an assistant professor position, lecturing large classes in the day and facilitating smaller seminars in the evening.

I was trained in grief and suicide prevention counseling years before. I went through three years of seminary training and two more years of pastoral leadership. I won awards for pastoral care. I ran homeless shelters. I led youth groups. I directed faith communities.

I was the one others came to for help.

My own vocation is (part of) what made seeking help more difficult. If I confessed my own brokenness, it would automatically disqualify me.

If I admitted my own feelings of this slippery, suffocating depression, I could lose everything. My reputation. My job. My dignity.

At least that’s how it felt.

I just made a big move, bought a modest "starter" house, and jumped into a role that was probably too big for me. But I had to stick with it. I was putting my husband through a graduate program. We had no other source of income. It felt all up to me to hold everything together, including myself.

But at some point, I hit a wall. I remember lying in bed wishing I could just sink into the mattress and never wake up. I had struggled with anxiety and depression before, but nothing like this.

Miraculously, I had the sense to tell my husband. That is one of the many graces in my story.

I told him I felt like I was standing on a steep cliff, and that some sort of force, a force stronger than gravity, was pulling me toward the edge.

I was certain I would slip and fall off, unless something or someone somehow tethered me to the ground. I needed an anchor.

I didn’t just feel "down" or "sad." I didn’t just have a case of "the blues." It was so much bigger and stronger than that.

It wasn’t even that I wanted to die. I just wanted everything to stop. I was tired, weak, and embarrassed. I was full of shame and fear. I didn’t want to be found out.

But I also didn’t want to be swept off the edge. I felt trapped. And for the first time, I didn’t feel I could trust myself. So I told my husband not to leave me alone.

My husband called for help. We were new to the community, and the only place we could find was a local crisis center.

So we went. And there, I began my journey toward wholeness.

Within a week I found a decent therapist and good medicine, and slowly that force — the one pulling me to the edge — began to loosen its grip.

Over the next few years, I would find myself at the crisis center a few more times.

But those other times, I wore the other colored sticky name tag — the one of the companion. At times it felt surreal, accompanying students to that same waiting room; students who were struggling on their own cliffs.

Over the past couple decades I’ve sat with those in crisis, those dulled by what I can only call an unspeakable force of despair and weariness.

But I rarely, if ever, shared my story.

I had the misguided notion that if I told my story, no one would trust me with theirs.

I even had well-meaning colleagues warn me against "over sharing," insisting vulnerability on my part would make those under my care feel uneasy.

But here’s the deal. The toxic combination of silence and shame always leads to isolation. Isolation makes us less whole and less human, and more fearful.

And although I’m aware that perhaps sharing my story may be triggering for some, I’m hoping it will be a source of hope and courage for others.

I tell this story with some fear and trembling, but also trust. I trust you with my story. I trust you with my brokenness and journey. I trust you because so many have bravely trusted me. I trust you because I want you to know you are not alone.

After having been both patient and companion — having worn BOTH name-tag-colors in the crisis waiting room — I know this. We are ALL in the same freaking waiting room of humanity, and we need each other.

Regardless of your success, your failure, your standing, your vocation, your training, your position, your faith — you are worthy of seeking help. You are beloved. You are worth fighting for.

— The Rev. Tara Woodard-Lehmann

If you are dealing with depression and/or anxiety or thoughts of suicide, reaching out is the first step to safety.

As another friend wrote in her blog post about her experience with depression: "There are so many effective treatments for depression. There are kind people who are trained to help you. You don’t need to carry any shame — there are SO MANY OF US here right where you are. Things won’t always be this bad. There is lots of hope. You don’t need to suffer so. I’m living proof. I’m so much better these days. When the darkness comes, there is so much more help that I know I can reach for — and there is help for you too. If you are reading this and you are suffering from depression or suicidal thoughts, please tell a loved one and keep telling until someone intervenes to help you."

心の試練 ( Challenge in my heart ‐English translation available)

(English translation below)

先日、私が働いている職場に特別許可をもらって住んでいるといっても過言ではないホームレスの男性が急死したためにお葬式がありました。

そこで彼がどれだけの人に愛されていたか、どんだけ彼の死を悲しむ人がいたかを改めて知る事ができました。

私も5年以上彼の事を知っていますが・・・実は一度も話したことがありませんでした。

 

一番初めに彼を見た時に怖いと思ってからずっと避けていました。しかし、彼が安全なホームレスで、話すのが大好きな人だというのは後々分かったのですが、それでも何故か彼に話しかけることができませんでした。今更急にHi何て言ったらへんだよと。

 

私と職場の同僚は年始にそれぞれ個人的な目標を立てます。私は彼に話しかけて仲良くなるという目標を立てました。何度も何度もチャンスはありましたが、できませんでした。私のプライドが邪魔しているのが分かっていました。

ある日の週末の午後、彼が居る場所を通りました。何となく今だよ!というふうに囁かれたような空気を感じました。確かに、今この空気に導かれていけばできる気がしました。しかしすぐに嫌、だめだ。今日じゃなくてもいいや、また今度と自分に言い聞かせました。

そして次の週の月曜日に、彼が亡くなったと聞きとてもショックを受けました。そしてひどく後悔しました。あの時にHiって言えばよかった。あれは間違いなく聖霊の導きだった。あれが最後のチャンスだったのに。

 

彼のお葬式で何人かが彼の死を通して神様が自分に何を教えてくれたかということをシェアしてくれました。私も考えました。神様は私にどんな人でも分け隔てなく心の底から愛しなさいと示されました。        イエスキリストは罪人や娼婦、酷い病気の人等に特別目をかけて愛されたことが聖書に書かれています。

 

ヤコブの手紙2章 私たちの兄弟たちよ。私たちの栄光のイエス・キリストへの信仰を守るのに、分け隔てをしてはならない。たとえば、あなたがたの会堂に、金の指輪をはめ、りっぱな着物を着た人が入って来ると同時に、みすぼらしい着物を着た貧しい人がはいってきたとする。その際、りっぱな着物を着た人に対しては、うやうやしく「どうぞ、こちらの良い席にお掛け下さい」と言い、貧しい人には、「あなたは、そこに立っていなさい。それとも、私の足もとにすわっているがよい」と言ったとしたら、あなたがたは、自分たちの間で差別立てをし、よからぬ考えで人をさばく者になったわけではないか。愛する兄弟たちよ。よく聞きなさい。神は、この世の貧しい人たちを選んで信仰を富ませ、神を愛する者たちに約束された御国の相続者とされたではないか。

 

私たちはホームレスまではいかなくても、身近な人間関係の中でもこのようなことがあると思います。何か好かない人、煙たく思う人、馬が合わない、とにかくうざい!嫌い!と思う人がいると思います。

上の聖書から、こういう人達に対して私たちは差別し、裁いているとも言っています。

イエス様はそういう愛せない人に対して愛しなさいと言っておられます。キリストの香りを放ち、許し、愛す努力をするこそが神が私たちに一番してほしいことであり、神を喜ばせ、神の国の相続者となされるのです。

 

私の毎日の課題です。自分の感情に従わず神の知恵を持って人を隔てなく愛せる人になりたいです。

 

 

There was a homeless man that had special permission from my place of employment to be allowed to live on the premises.  A few weeks ago, he passed away without warning, and we performed a small funeral for him and his family.  During the funeral, I’ve come to learn how much this homeless man was loved, and how much pain his death has caused to those around him.

Although I’ve known him for over five years, I’ve actually never spoke with him.  When I first met him, I used to be afraid of him and tried to avoid him as much as possible.  As the years went by, I’ve come to learn from others that he’s a safe man and loves to talk, but I was still not able to talk to him.  After a while, I’ve began to tell myself that it will be strange for me to say hi to him after avoiding him for so long.

At the beginning of each New Year, my coworkers and I always made a New Year’s Resolution.  I made my resolution to say hi to the homeless man.  Although I’ve had many chances to start a conversation with him, I wasn’t able to do it.  I knew that my pride was hindering me from doing so.

One weekend afternoon, I passed by where the homeless man usually is seen.  I felt as something was telling me “it’s time to tell him hi!” I felt that I would be able to say hi to him with the feeling that I’ve had, but that feeling quickly faded away.  I told myself “it’s okay.  I can try another time”.

The following Monday, I was shocked to learn that the man passed away.  I ended up deeply regretting not saying hi to him when I had the chance.  That “feeling” that I experienced was from the Holy Spirit.  That was the last chance that I had.

During the funeral, a number of people shared what they’ve learned from God through the man’s death.  I was thinking about what God wanted to tell me as well.  God told me to love others from the bottom of my heart.  It says in the Bible that Jesus loved everyone regardless of their background, history, or their situation.

James 2 New International Version (NIV)

My brothers and sisters, believers in our glorious Lord Jesus Christ must not show favoritism. Suppose a man comes into your meeting wearing a gold ring and fine clothes, and a poor man in filthy old clothes also comes in. If you show special attention to the man wearing fine clothes and say, “Here’s a good seat for you,” but say to the poor man, “You stand there” or “Sit on the floor by my feet,” have you not discriminated among yourselves and become judges with evil thoughts? Listen, my dear brothers and sisters: Has not God chosen those who are poor in the eyes of the world to be rich in faith and to inherit the kingdom he promised those who love him? But you have dishonored the poor. Is it not the rich who are exploiting you? Are they not the ones who are dragging you into court? Are they not the ones who are blaspheming the noble name of him to whom you belong?

I think every one of us has relationships like this.  Someone that we just can’t like, we just don’t connect someone who you might think of as irritating.  I think we all have someone like that we feel about.

In the Bible verse above, it says that we are discriminating against them.  Jesus tells us to love those that we can’t.  God wants us to pour Gods grace and love to those people, and by doing so, will make God happy and become a citizen of Gods kingdom.

It’s a challenge that I face every day.  I hope to become someone that won’t be controlled by my own emotions but someone that can use Gods grace to full-heartedly love others.

Sometimes Courage Means Sharing

Sometimes Courage Means Sharing

By Dar

"My husband is my most ruthless critic," said best-selling author Madeleine L’Engle who wrote A Wrinkle in Time. "Sometimes he will say, 'It’s been said better before.’ — Of course. It’s all been said better before. If I thought I had to say it better than anybody else, I’d never start. Better or worse is immaterial. The thing is that it has to be said; by me; ontologically. We each have to say it, to say it our own way. Not by our own will, but as it comes out through us. Good or bad, great or little: that isn’t what human creation is about. It is that we have to try . . ."

The above paragraph encourages me whenever I begin to write a blog post. Which is a good thing. Because really, what do I have to say that hasn’t already been written about before? And by better, wittier, more pithy writers than myself? There’s nothing new under the sun, right?

Even now, as I struggle with putting down words to this page, that quote comforts and reminds me that God created each of us unique. And yes, we live in a fallen/broken world where we face suffering, afflictions, trials and tribulations in various degrees, not to mention our own brokenness. But if we allow him to, God redeems the broken and painful parts of our personal history (Romans 8:28) so that we can tell our story (testimony) to others who may be encouraged in their own life’s journey. We each have to "say it," in our own way. In our own "voice." Because someone who might not relate to my words might really resonate with yours – infused with your own personality and experiences that are unique to you. And it doesn’t have to be written words in a blog. It can be in a song lyric and/or music you compose, in a painting or drawing you created, or a photograph that you took. Or a video log (vlog).

If we are created in the image of God (Genesis 1:26) and God is Creator, then there is a part of us that creates too. What does that look like for you? Many in my family are artistic and find joy in painting. My mom also creates a beautiful garden, using her yard as a "canvas." I have a number of friends who write blogs (love their unique "voices" in writing!). Remember: "Better or worse is immaterial." We each have to "say it" in our own way, infused with our own personality and experiences, as God created us to be.

Of course, to share your writing (or any artistic creation) can be a scary thing, because it places you in a vulnerable position to be judged or misunderstood. But it also brings great opportunity to connect and heal. Words, especially, can be powerful – they can be used to build up and encourage, or they can be used with the intention to tear down and destroy. With great power comes great responsibility (thanks, Spidey!), and I take that seriously when I blog. Which brings me to the "Three Bs."

My son graduated from elementary school last week, and the school’s "Three Bs" for the students to remember and follow are good reminders for me as I write this blog, too: Be Kind, Be Safe, Be Responsible.

  • Be Kind. As Pastor C taught in his recent sermon: "Be kind to one another, tenderhearted forgiving one another, as God in Christ forgave you. Therefore be imitators of God, as beloved children. And walk in love, as Christ loves us and gave Himself up for us, a fragrant offering and sacrifice to God." (Ephesians 4:32-5:2, ESV). Sometimes it’s tempting to be unkind with words. May I always err on the side of kindness (unkindness seems to run rampant on social media).
  • Be Safe. While I’m sure the school meant this to remind students to be physically safe by making good choices, I am relating this to my previous blog post about being a "safe person" for people to trust. I strive to dwell (be present) in grace and truth with my words.
  • Be Responsible. Attribute quotes appropriately, do due diligence in research, proofread for typos, and aim to meet deadlines (I need to work on this one!).

If you are part of Hope Chapel Honolulu and feeling "nudged" by the Holy Spirit to volunteer to write a blog (or a guest blog post) for this website, why not give it a try?

ザ・ライフ

私の仕事はお葬式のコーディネートもします。働き出して一番最初のお葬式をコーディネートした際、私は追悼の言葉を考え、共に表情も硬くしてご家族に会うよう臨んだら、家族の方はとてもニコニコしていて、張り切っているし、むしろ楽しそうに挙式の内容のアイデアを出してくるので、ええ!?そんなんでいいの!?不謹慎じゃないか!?ととても動揺したのを覚えています。

ハワイ特有の文化もあるかもしれませんが、クリスチャンのお葬式は少しお祭りというのか、お祝いのようなところがあります。

お葬式の中でダンスや歌を披露したり、家族がみんなお揃いのアロハシャツを着て参列したり、結婚式の披露宴でお馴染みのプロフィールムービーなどがあったりします。お葬式の中で故人の思い出を語る時は笑いが溢れたりします。

もちろん、結婚式でするように皆で歌も歌います。そして仕舞には葬儀の後にはみんなでルアウ(宴会)があり、そこにはハワイアンミュージックバンドの生演奏つきだったり・・・

本当にお祭り騒ぎのような感じです。

日本人の特に仏教のお葬式との大きな違いには本当にびっくりします。

カルチャーショックでした・・・

 

なぜでしょうか?

ヨハネの黙示録14章‐13節

「書き記せ。『今から後、主に結ばれて死ぬ人は幸いである』と。」“霊”も言う。「然り。彼らは苦労を解かれて、安らぎを得る。その行いが報われるからである。」

これ以外にも聖書の至るところで、私たちの体には期限があるけど命は永遠であること、

主イエスキリストを救い主と信じることで私たちの体は滅びても主イエスとがおられる場所、つまり天に導かれることを知っているからです。

 

痛みや苦しみから解放されて天という一番良いところにいるからむしろ喜ぼう!ということです。だからお葬式はお祝いなのです。

故人の功績を称え、逆に勇気をもらい、心が安らぎます。

だからか、私は挙式のプラニングよりお葬式のプラニングの方がすごく好きです・・・

 

・・・でも、そんなこと綺麗ごとに過ぎないと思うかもしれません。

 

お年寄りや長年病気で苦しんでいた人にとっては良かったよね・・・と思えるかもしれませんが、突然若くして死んでしまった場合、残された人の多くの人が何とも言えない悲しみと後悔と、なぜ!?と思う気持ちで交差すると思います。

私が関わったお葬式にも若くして突然亡くなった女性のお葬式もありました。

もちろんお葬式はお祭りのようでしたし、お葬式の後の宴会はものすごく派手だったようです。

でも、きっと私には見えない悲しみや失望があったと思います。

 

私の人生にもその経験があります。

 

とても大切だった人が急に亡くなりました。

私がその人にたまたま電話をかけた次の日に突然の心臓発作で寝ている状態で亡くなっていました。

34歳でした。

 

私はその人をたくさん困らせ、傷つけました。

でもその人はクリスチャンでしたのでそんな私を許してくれました。

 

その人には家族をもって幸せになってほしいと思っていましたし、その人も家族を持つのを夢みていました。

その人はとても優秀な人でしたし、いろんな人を助けていける将来有望な人でした。

 

私は自分がその方の将来をつぶしてしまったと思い自分を恨み、呪いました。

私なんか、何も取り柄もなく、その人の方が何倍も人の為になるだろうのに、私が生きて何故その人が人生を謳歌できないのか。これから楽しいことがいっぱいあったはずなのに。私が代わりに死ぬべきだった。

 

自分が電話をかけたのがその人の最後の日だったことに、自分のせいではないかと責めました。

 

神様からの私が今までしてきた行いの天罰が下り、神が私を苦しめる為にそうしたのだとまで思いました。

 

ピリピ人への手紙1章21節

21 わたしにとって、生きるとはキリストであり、死ぬことは益なのです。
22 けれども、肉において生き続ければ、実り多い働きができ、どちらを選ぶべきか、わたしには分かりません。
23 この二つのことの間で、板挟みの状態です。一方では、この世を去って、キリストと共にいたいと熱望しており、この方がはるかに望ましい。
24 だが他方では、肉にとどまる方が、あなたがたのためにもっと必要です。

 

その人の死をどう受け入れたら良いかわからず苦しんでいた時に与えられた聖書の言葉です。

 

これを読んで神様から語られたのは、その人は今もう永遠の幸せの中にいること。その人のこの世での役目は終わったのです。一番幸福なのです。ゴールしたのです。

しかし、問題は私です。生きていく方が大変なのです。そして私の役目はこれからなのです。私にはやらないといけないことがあるということです。

 

神様が面白い関西人なら、

へいへいへい!ちょっとあんた、そんなん悲劇のヒロインになって自己嫌悪に陥ってる場合ちゃうでー!要はあんたの方が大変なんやでー!こっからが勝負ですわ。いろんなこと出てくるでーしっかりしいよー!あんたいっぱいやらなあかんことあるからな!!おきばりやす!

 

私たちにはそれぞれ人生があります。それぞれ長さが違います。

そして私たちにはこの世に生を賜った理由があります、使命があり、役目があります。

 

そしてその人生は私が生きたいように生きるのではなく、キリストと共にいきるのです。

キリストを自分の主だということを認め、神に従って生きるのです。

 

 

ちなみに、イエスキリストは私たちの罪の為に十字架にかかって私たちの罪の代価を払ってくださった為に、私たちの罪は許されました。本来であれば私たちが罪の罰を払わなければいけません。

私がしてきた罪の為に私の大切な人が死んだのであれば、私はずっと罪の罰を受けたまま今でも苦しんでいるでしょう。

私はキリストと共にこの世に生きる時間が長くなるにつれて、試練も増しますが、その分祝福が溢れることを感じています。

 

感謝しかありません。

 

 

Mono

Social Media + Boundaries = Self Care

Social Media + Boundaries = Self Care

By Dar

"Luke . . . beware the dark side of . . . social media!" (Just a little Star Wars humor there...)

In his article titled Social Media’s Dark Side: Learning to Set Boundaries, Kouris Kalligas (CEO and Co-Founder of Therachat) writes, "Social media may have redefined what it means to have a 'sense of community,’ but the combination of overuse and the need for validation and attention has proven to be destructive to mental wellness as well as distracting and detrimental to productivity."

Social media definitely has its positive sides (connecting us with family and friends who don’t live near us; sharing pics of newborn babies, graduations, weddings, and vacations; or laughing at cat memes), but like everything else it also has its "dark side." Just Google "social media addiction" or "cyber bullying" or "social media use + depression/anxiety" to get an idea.

Social media has made it increasingly easier to spend more time in a virtual social world rather than interacting with people IRL (In Real Life). But this virtual social world is often not conducive to "dwelling with each other in grace and truth" (see previous blog post about "safe people"). Aside from the cute cat memes and birthday reminders on FB, perhaps we are really longing for something "more" — more IRL connection as we strive to be safe people to/with each other, over coffee or a shared meal together, or in a small group (like MiniChurch) that we don’t (or cannot) experience in texts or comments or tweets.

In their book Boundaries, Dr. Henry Cloud and Dr. John Townsend write: "Our deepest need is to belong, to be in a relationship, to have a spiritual and emotional 'home.’ The very nature of God is to be in relationship: 'God is love,’ says I John 4:16. Love means relationship — the caring, committed connection of one individual to another. Like God, our most central need is to be connected."

IT’S ALL ABOUT BALANCE

Here’s why I need to set boundaries in my use of social media:

  • Social media can only take me so far when it comes to meeting my need for authentic connection. But I might be tempted to spend more time on social media to meet that need, even though in reality it will remain elusive.
  • It can distract me from interacting with my spouse and children and meeting their needs for authentic connection.
  • Making time to meet up with friends and loved ones IRL for coffee or lunch beats just commenting on their FB or Instagram posts. (Note: My brother and I live five minutes away from each other, and we are FB friends. But we have recently made time to meet for lunch about once a month. I think it helps us stay connected and maintain healthy communication.)
  • I don’t think I’ll ever look back on my life and wish I had spent more time on [insert any social media platform here]. In other words: I need balance.

If you feel led to re-evaluate your "relationship" with social media, maybe your reasons for boundaries are different from mine – or maybe similar. Either way, here are some tips to help set up some boundaries (one blogger calls it "social media selfcare"):

TIPS FOR SETTING BOUNDARIES WITH SOCIAL MEDIA USE:

  • Start with the "WHY." Why do you feel the need to be constantly checking FB/Instagram/Twitter/Snapchat, etc.? What’s the underlying need in your life that you’re trying to meet? It might help to journal and/or talk about this with a safe person in your life – someone who can speak the truth in love without judgment, who wants to help you become more of the person God created you to be.
  • Do a "social media detox." Some people have "fasted" from social media for a period of time. At times, I’ve temporarily deleted my FB app from my iPhone and committed to 30 days without FB. It might feel a little weird in the beginning, but you might be surprised at what you gain in time and productivity.
  • Allocate yourself a certain amount of time each day at a specific time of day to check social media channels -- such as 20 minutes every morning and in the afternoon. Second, avoid being on your phone during meals, especially when others are around. To remove temptation, delete apps from your phone so you can only access social media from a computer.

私の自信、私の価値

Aloha!

こんにちは。

私は幼少期からつい本当に数年前まで自分にほとんどと言っていいほど自信がなく、自分の意志や意見がないのか言えないような人でした。

大学生になってさらに“お嬢様大学”として名前が知れた大学に通っていたせいもあり、勉強よりも外見ばかりにこだわるようになりました。

当時、コンサバスタイルが流行っていたので全身高級ブランドの服やカバン、アクセサリーで身を固めて学校に行くのが当たり前、自分のステイタスとなっていました。

常に人が自分の持ち物、服装などをチェックしている気がしていつも気が張っていましたし、いつも少しでも人に誇れるような自分でいたいと思っていました。

でも外見に気を使ったかといって自分の自信は増すことはありませんでした。

さらに見事に外見とは裏腹、男性とは縁があまりありませんでした。            よく合コン(コンパ)と呼ばれる男性数人・女性数人グループでの食事会に参加していました。第一印象は綺麗に着飾っているし、普通並みの容姿で必ずと言っていいほどどなたにかは気にいられ連絡先を交換し連絡を取り始めますが、容姿ばかりで中身に面白みも特徴も味もない私はすぐに飽きられました。

そしてすぐにその理由は私は可愛くないからだ、美人じゃないからだと外見が問題だと思っていました。

もちろん更にどんどん自信を無くしていきます。

欲しいもの(ブランド物や服などいわゆる物質的な物)は大体手に入れていたし、今時の女の子でしたが、自分に自信が無い上に、何かいつも寂しというのか、何かが足りないと思っていました。もちろんそのままの私を愛してくれるような恋人もいませんでしたし、自分はいつも駄目だと思っていました。(ちなみに常にファッションなどの話しか興味がないので話題は少なく、全く面白い事も言えない、退屈な人間でした)

その気持ちを満たすために、又、もっと自信を持つために流行りの洋服など欲しい物を買って満足しようとしていましたが、一時的な喜びだけで、そんな喜びは心を完全に満たしません。

 

このように感じている方は当時の私以外にもたくさんいるのではないでしょうか?

 

この昔の自分の中からいくつかの間違った心の存在が見えます。

みんなが持っている物を持っているから私は大丈夫、外れていないという安心感

私は高価なブランド物を持っているし、ブランドの服も着て、だから私は特別。イケている。私は価値がある人間だと思える。

外見・容姿を良くしているから私は愛される。

 

 

“あなたは私の目に高価で尊い 私はあなたを愛している”(イザヤ書43章4節)

 

 

神様を知ってから、私はすっかり180度変わったと思います。

 

もちろんそれなりにお化粧して、ファッションを楽しんだりと女性である特権を楽しむことはありますが、そこには自分の価値を決めるものは何もないことを知っています。

面白いことを言って人を笑わすことが得意になりました。

話す話題も豊富になり、誰とでも気兼ねなく話せるようになりました。

自分の意見、考えをしっかり持ち、発言し、悪いことには悪い!と言えるようになりました。

友達も増え、男女関係なく行為を持たれるようになりました。

 

何かができる、何かを持っている、容姿や身なりが優れているという自信でなく、

私は高価で尊く、愛されている!私というそのままの自分でいい!という事実が私のすべてのモチベーション、自信になっているのです。

学生の頃と違って今は家族を持ち、欲しいものの規模が変わります。

持ち家だったり、車だったり、仕事のステイタスであったり、欲しいものはもちろんあります。

残念ながらそれらがない事に悲しくなることもあります。もっている人を憧れることもあります。

しかし、それらが無くても、私はダメ人間でもなく、価値があり、神様筆頭に私を必要としている人がいます。私に指名があります。生きる目的があります。神様からの祝福が与えられます。

それを知っていることが何でも持っているより勝っているのです。

“あなたは私の目に高価で尊い 私はあなたを愛している”

 

何も着飾らなくても、頑張らなくても、神様はそのままの自分を愛してくれているのです。

 

 

Mono

 

 

 

 

 

Why Our Story Does Not End With “We Promise to Love You As Is”

Why Our Story Does Not End With

"We Promise to Love You As Is"

By Dar

"If you’ve been a Christian for more than 5 minutes," said Christian speaker Sy Rogers, "you know that God doesn’t wave a magic wand and *bing* all your flaws, blind spots and weaknesses disappear after receiving Jesus Christ as your Savior. More often than not, God chooses to work via a process (in which we are invited to partner with Him and each other) rather than a one-time event." Much like how a mother goes through nine months of pregnancy (process) before giving birth (event).

Why does God do it this way? I’ve been reminded that we aren’t meant to live our lives or our faith in isolation. And it’s often through the process of our relationships that we are refined. Blind spots? What blind spots? I don’t have any…. Because let’s be honest: Facing and admitting to our own imperfections, our "shadow selves," can be painful.

A couple weeks ago, one of my (many) blind spots cropped up and a co-worker seemed a little offended by something I didn’t do. It seemed like they hinted at and implied judgment in their not-so-subtle questions. I felt a bit blindsided and, to be honest, I felt a little judged. Which led to feelings of condemnation (that I put on myself). But then I reached out to a friend for prayer and we ended up talking about it. She listened empathetically, gently asked questions in a non-judgmental way, but also "separated the wheat from the chaff" so that I could see any kernels of truth that this situation was inviting me to see. Then she encouraged me. Throughout the whole conversation, I never felt judged – even as my friend saw my blind spot. As Pastor C mentioned in his sermon/notes this past Sunday about needing "safe people" in our lives who speak the truth in love, my friend was that "safe person" for me in this situation. With this friend, I was also able to face my blind spot/flaw honestly but without fear or condemnation – which brings awareness (the first step) that leads to change. Growth. The path of wholeness and maturity.

What or who is a "safe person?" In their book Safe People: How to Find Relationships That are Good for You and Avoid Those That Aren’t, Dr. Henry Cloud and Dr. John Townsend write: "The best example of a safe person is found in Jesus. In him were found the three qualities of a safe person: dwelling, grace, and truth (John 1:14) . . .

  • Dwelling refers to someone’s ability to connect with us so that we know they are present with us.
  • Grace is "unmerited favor," meaning that someone is on our side, that they are "for us" (implying unconditional love and acceptance) and that you will not be shamed or incur wrath for whatever you are experiencing.
  • Truth is being real with one another, and living out the truth of God. People who will be honest with us, telling us where we are wrong and where we need to change – they are honest about our faults without condemning us.

Safe people and relationships:

  • Draw us closer to God (Matthew 22:37-38)
  • Draw us closer to others (Matthew 22:39)
  • Help us to become the real person God created us to be (Ephesians 2:10)

"We promise to love you as is" has been a favorite motto of Hope Chapel through the years. I think it resonates with people because it implies that Hope Chapel Honolulu is a "safe place" – that we are a "safe people" whom you can trust. (We are not perfect on this side of heaven, but we are striving to be a safe people and place.) In addition to this promise, it co-exists with the promises and reminders that . . .

  • "He who began a good work in you will carry it on to completion until the day of Christ Jesus." (Philippians 1:6)
  • "For we are God’s workmanship, created in Christ Jesus to do good works, which God prepared in advance for us to do." (Ephesians 2:10)

God promises to love us with his grace and unconditional love (and nothing can separate us from his love), but that's not the end of the story. In fact, that's just the beginning. But the ending is even better: He also promises to complete the good work he began in us. This is the process in which he invites us to join him individually and in community, as we dwell with each other in grace and truth.

はじめまして

はじめまして

Aloha!はじめまして mono です。

日本語を流暢に話す牧師ファミリーを筆頭に、
日本人/日本語フレンドリー教会ということで、日本語でブログを書く担当に選ばれました。と、いうのか(聖霊に導かれて)やります!と言いましたと言っておきましょう!

過去に自分のプライベート(家族・友達閲覧限定)で、現在は仕事でブログを書いていたりするのでブログは初めてではないのですが、仕事ではなく、でもプライベートを遥かに超えたブログを書くのは初めてですので、どのように始めようか、何を書こうか頭がグルグルフル回転しますが、(聖霊に導かれて)ありのままの自分で書いていこうと思います。

さて、先頭にも書いたようにHope Chapel Honolulu は日本語フレンドリー教会です。

日曜のworshipサービス(日曜礼拝)には同時通訳も提供しています。ヘッドホンで聴くあれです。
牧師ファミリーは20年近く日本の関東にある同じ姉妹教会である、Hope Chapelの教会で牧会(牧師を)されていました。ですので、みんな日本語が話せます。また、牧師の奥さんのお母さんは日本から来た日本人で、牧師のお母さんも日系人です。更に親近感が湧きますね。こういう事で、英語が少し苦手だけど、ハワイらしい英語の教会に行きたいと思われて来られたら、ホッとするのがHope Chapel Honolulu の特徴の1つです!
たまに私たち日本人でも知らない様な漢字のお勉強や、worship music (賛美/礼拝で歌うゴスペル音楽)も日本語で歌うことがあります。

ホームページを見てお気づきになった方がおられるかもしれませんが、普通だったら教会のホームページなんだから主任牧師夫婦の写真や名前が載っているのに載っていないので怪しいと思った方がいるかもしれません。。。 はい、怪しいです!と言ったほうが面白いですが・・・実は理由があります。主任牧師のPastor Cはここホープチャペルホノルル教会にて昨年11月に世代交代としてバトンタッチされ主任牧師として任務に付く前までは、国際宣教師としてキリスト教の迫害を国が強制するようなとても危険な国々の人々への宣教チームの1人として活動していました。
ですので、日曜礼拝において、教会では仮面マスクをかぶっている・・・・わけではありません。本人たちの優しい笑顔がお出迎えしてくれますのでご安心ください!

私とPastor Cと同じく日本人と白人のハーフの主人も何故かこの牧師(ファミリー)には深い関係がありそうです・・・
私は日本に住んでいるときから同じく姉妹教会であり、大阪にあるHope Chapel が私の教会でした。その中で2-3回Pastor Cにお会いしたことがあるのです。
その時にまさか10年後にその人が私の牧師になるとはもちろん思いもしませんでしたが、今でも何か変に記憶があるのです。
(Pastor Cは私が男前だらでしょう!なんてジョークを言うと思いますが、、、サラッと流しましょう!笑)

また、ハワイに来てから教会を探している時に、当時住んでいるとこから近かったPastor Cがしているハウスチャーチ(家の教会)に行くことも候補でした。
そして更に近くのジッピーズというローカルのレストランで夫婦で食事しているところに出会わせたこともありました。そんなの偶然と思いますが、なぜかその時の記憶も鮮明にありますが、何か感じたことを覚えています。

それ以外にも、私をクリスチャンとして育ててくれた、その私の大阪の教会の牧師とPastor
Cはとても仲が良く、Pastor Cがその教会にメッセージをしに行くことも年に何度かあります。
(因縁が因縁を呼んで、去年私が日本に里帰りした際に教会の礼拝に訪れたときにPastor
Cがゲストスピーカーとしてメッセージをして居た時に当たってしまいました・・・残念!!…笑)
ずっと同じHope Chapelなのに大阪の教会とハワイのHope Chapel Honoluluと結びつきが全くなく、何かの形で結びつきができてほしいと願っていたらこのような形で結びついたのも何かの因縁だと思っています。近々大阪の教会の牧師がゲストスピーカーとしてHope Chapel Honoluluでお話してくれる日がそう遠くない気がします!

話はずれて、"因縁"と私は大阪人ですのでジョークが好きですから物事を面白く強調するために使っていますが、調べてみると仏教用語のようですね。。。

ちなみに主人とPastor C (ファミリー)との深い?関係は、主人の父が牧師で、昔同じ教会で働いていたこともあり、彼のことを小さい頃から知っているようです。
他にもありますが、彼が絶対的信頼・尊敬をおける数少ない人の一人で、本当に助けてもらっています。

私のブログなのに教会の紹介、むしろ牧師自慢じゃないか!!って思うかもしれませんが、教会、牧師自慢です。(笑)

とても魅力的な牧師夫婦、そして二人の血をしっかりと受けついだ次世代リーダーの牧師のご息女、彼らの結束は絆は強いです。本当に家族の基盤がしっかりしていると思います。

(なんかすごく良いことばっかり言って、持ち上げて、何か企んでいるのか!?と言われそうですね。。。笑。。。PC, ご馳走様です!!。。。もう一度言いますが、私はお笑い(ジョーク)大好き大阪人です!(笑))

色々脱線していますが、私はそこが一番大事だと思うから初のブログで書くこととなりました。

聖書において様々なところでも書いてあります。(参照:マタイの福音書7章24-27節、ルカによる福音書6章46-49)
しっかりした基盤、土台がないと家は立ちません。

しっかりとした強い絆の上でこそ素晴らしいしっかりとした教会が育つと思います。

家族という土台が丈夫でないと教会も、仕事も、全てうまくいきません。

夫婦という土台が丈夫でないと家族は成り立ちません。

Hope Chapel Honolulu はこのPastor C家族で成り立っていると言いたいわけではありません。牧師や教会リーダーを崇拝しているわけでもありません。

Pastor Cは世代交代して初めの方の礼拝でよく言ってました。もし私を信頼するなら、ごめんね!too bad!私も人間なので過ちをおかしますと。でも私の為に神様を信頼してくだいと。ですので、有難くそのように思っています。

話がまた脱線しましたが、

この小単位の"家族"が土台としてしっかり立っているから、その上にその横にと積み上げられくっついていけるからです。

だから教会が健康的に存在しています。

教会より、家族が、リレーションシップが先です。

その、牧師が教えてくれた言葉の1つです。

初めから、ちょっと長くなってしまったな・・・

来週はもっと手短に。。。??

Have a blessed week!!

Mahalo,